赤阪 
(あかさか まもる

本作品の主人公。

警視庁公安部に勤務する新米刑事。
東京で起きた事件のせいで、
雛身沢村に強制出向される。

これから起こる惨劇をまだ知る由もない・・・


演ずるは「悪戯好き」です。







振手 
(ふるで か)

最も危険なメインヒロイン?

雛身沢村では、言わずと知れた少女?
オヤシロ様の生まれ変わりと云われ、恐れられている。

たまに発する「み〜!」「にばぁ〜!☆」等の口癖は
物理的に破壊力抜群で、
観光に来たという赤阪に興味津々である。


  演ずるは「アルルぅ」です。







多石 ラウド
(おおいし らうど)

言わずと知れた沖呑屋署のベテラン刑事。

とある事件をきっかけに赤阪と
行動を共にすることになるが、
多石にとって事件の事より赤阪に夢中のようだ。


演ずるは「マーガレット少佐」です。











公好 
(きみよし なつみ)

雛身沢名家「公好家」の親戚筋の女の子?
かつては沖呑屋に住んでいたが、
数々の悪事が明るみに出た事により
最近まで国外逃亡していた。
普段は大人しい素振りをしているが、
外見から想像もつかないほどの
"ヤンデレ"らしい。


演ずるは「かとりーぬorアルデばらん」です。









イリー 
(イリー きょうすけ)

突如、雛身沢村に開院した「イリー診療所」の主。
真面目な小市民に見えるが、
実はロリメイドスキーな
重度の危険人物である事は
一部の村人にしか知られていない。


演ずるは「破壊廃皇子」です。











鷹ノ 
(たかの よ)

イリー診療所の(多分)オカマの看護婦。

最近、野獣写真家の「富岳 JIRO」と
交際を始めたらしく、雛身沢村では
回覧板が回る程の大事件である。


演ずるは「HERO」です。












(はにゅう

真オヤシロ様。

いつものようにカメラと梨火以外、
見ることができないのを言いことに
ありとあらゆる場面に登場する。

演ずるは「HPPS」です。












小此
(おこの

犬怪大臣の孫、犬怪寿飢を 誘拐拉致監禁した張本人。
胡散臭い雛身沢弁を話す、自称ナイスガイ。

演ずるは「ライガー」です。